【セミナー】HRテックの第一人者 岩本隆特任教授ご登壇『個を活かす人材マネジメントのためのHRデータ活用』の申込受付を開始しました

国際標準化機構(ISO)は2019115日、初の人材マネジメント規格 ISO30414(人的資源マネジメント)をリリース。

すでに米国や欧州では、投資家を中心に企業に対して「人的資本」の情報開示を求める動きが進んでいます。
人的資本とは、いわゆる経営資源の「ヒト・モノ・カネ」の「ヒト」に関する内容です。
特に米国では、SEC(米国証券取引委員会)がHRレポートに関心を示し、上場企業への義務化がほぼ確定的となるなか世界的な潮流となり、早晩、日本企業にも対応が求められるでしょう。
では、なぜこのような動きが進んでいるのか、その経緯と概要とともに、人的資本の情報開示に関する欧米の動きと企業の対応などを3回シリーズでご紹介します。

<基調講演>
岩本 隆 氏
慶應義塾大学大学院経営管理研究科 特任教授

開催概要

第1回:大企業の人材マネジメントにおける経営課題
   ・産業人材政策の推移と今後の取組み
   ・世界の潮流とヒューマンキャピタルレポーティングの波
   ・HRデータ活用の重要性

日程 2020年10月16日(金)13:30~16:00
会場 オンライン配信にて開催
主催 株式会社ラキール
URL お申し込みはこちら

 

第2回:HRTech/WorkTechHRデータ活用
   ・HRTech/WorkTechの変遷と最新動向
   ・HRデータ活用の主な事例
   ・HRデータ活用のために整備すべき体制

日程 2020年10月28日(水)13:30~16:00
会場 オンライン配信にて開催
主催 株式会社ラキール
URL お申し込みはこちら

 

第3回:個を活かす人材マネジメントの在り方
   ・エンゲージメントを高める
   ・ダイバーシティ&インクルージョン
   ・スキルギャップの解消

日程 2020年11月4日(水)13:30~16:00
会場 オンライン配信にて開催
主催 株式会社ラキール
URL お申し込みはこちら

 

本件に関するお問合せ先

お問い合わせはこちら

LaKeel Recruit私たちは、"問題解決能力"が高く
"突破力"のある人材を募集しています。

採用情報を見る