ハウスクリニックが「LaKeel Cloud」を採用し自社のDX 化に取り組む

営業効率を向上させ売上拡大を目指す ~


株式会社ラキール(本社:東京都港区、代表取締役社長:久保 努、以下「ラキール」)は、株式会社ハウスクリニック(本社:東京都八王子市、代表取締役社長:田中 利治、以下「ハウスクリニック」)より、「LaKeel Cloud」を受注しましたのでお知らせいたします。

ハウスクリニックは賃貸住宅の原状回復工事に特化したリフォーム会社です。オーナー様には満室を、入居者様には満足を、そして不動産管理会社様には競争力を高めるサービスを。賃貸住宅に関わるすべてのお客様に喜びを提供するため、挑戦を続けています。

DXを推進することでビジネスモデルの変革を促し、
更なる事業規模拡大をリードする

ハウスクリニックは独立系として原状回復工事業界トップの企業です。設立以降順調に業績を伸ばしていますが、案件数の増加に伴ってビジネスフローの標準化と効率化という課題に直面していました。また、新築からリフォームに需要シフトしていくという市場動向、スマートデバイスの普及により人の行動が変化する中で、これまで部分最適で改修されてきた基幹システムが老朽化、複雑化、ブラックボックス化している状況では、データの連携、活用が限定的になり、DXの効果を最大限に発揮できないことが課題となっていました。

この様な状況の中でハウスクリニックは自社のDX化を実現するパートナーとしてラキールを選び、新基幹システムをマイクロサービス化(=業務アプリを微細な単位に分割)して開発を行なう事を決定いたしました。クラウド化が遅れているリフォーム業界に先駆けて「LaKeel Cloud」を導入し業務のスピードアップを図り顧客・営業・事務・職人の連携強化を実現します。

「LaKeel Cloud」が採用された3つの理由

  • マイクロサービスアーキテクチャ採用により品質保持と柔軟化を両立
  • システムパーツを再利用することよる、機能拡充コストの削減
  • オートスケール、運用監視ツールによるサーバコスト、人的コスト負荷削減

「LaKeel Cloud」をリフォーム業界の標準プラットフォームに

「LaKeel Cloud」の拡張性、柔軟性を活用してハウスクリニックを標準モデルとしたカスタマイズを行い、リフォーム業界他社への展開を進める予定です。

ラキールでは、今後も「LaKeel Cloud」の充実したサポートと機能拡張を通して、ハウスクリニックおよびリフォーム業界の業務を支えてまいります。

株式会社ハウスクリニック

 

1976年の創業以来、「価値ある住環境」創造企業を使命に、共に働く全ての人々の幸福と、顧客満足向上を追求し、地域社会に必要とされる企業を目指しております。これからも社員一同、意識向上と使命感を持ち「自己実現達成」と「多くの雇用」を生み出せる企業を目指してまいります。

商号 株式会社ハウスクリニック
設立 1994年8月1日
代表者 代表取締役社長 田中 利治
資本金 49,800,000円
所在地 東京都八王子市石川町2966-9
事業内容 原状回復リニューアル、退去立会代行業務、空室対策、オーナーサポート事業
社員数 90名(2018年10月現在) グループ会社含む250名
企業URL https://www.houseclinic.co.jp/

株式会社ラキール

「デジタルネイティブカンパニー」として、投資効率の高い製品/サービスによってお客さまのビジネスに貢献してまいります。

商号 株式会社ラキール
創立 2005年6月
代表者 代表取締役社長 久保 努
資本金 301,865,000円
所在地 東京都港区愛宕2-5-1 愛宕グリーンヒルズMORIタワー33階
事業内容 LaKeel事業
従業員数 単体:414名 連結:504名(2019年4月1日現在)
企業URL https://lakeel.com/

お問い合わせはこちら

本プレスリリース(PDFファイル)

LaKeel Recruit私たちは、"問題解決能力"が高く
"突破力"のある人材を募集しています。

採用情報を見る