Security Policy情報セキュリティ基本方針

  • 情報セキュリティ基本方針

  • 制定日:令和元年12月1日

株式会社ラキール
代表取締役 久保 努

株式会社ラキールは、企業活動を通じて「顧客への責任」、「社員への責任」、「株主への責任」の3つの責任を履行し、良き企業市民として社会へ貢献すべく、日々邁進しております。

かかる当社の経営方針実現には、お客さまのシステムやデータ等の情報資産、ならびに当社の経営資源としての情報資産をあらゆる脅威から保護しつつ、開発・運用していくことが重要な課題となります。

当社は、全社的なリスク管理体制のもと、情報セキュリティを維持することとし、ここに、情報セキュリティに関して全社的な意思統一を図り、情報資産の適切な保護を徹底するために以下の通り、情報セキュリティ基本方針を定めます。

  • 1. 情報セキュリティへの取り組み

    当社は、情報セキュリティの重要性を認識し、情報セキュリティに関するリスクに対応するための管理体制を定め、関連規程を整備し、全ての役職員に周知・徹底するほか、これを定期的に見直し、継続的改善を行います。

  • 2. 情報資産管理

    当社は、全ての重要な情報資産について機密性・完全性・可用性を確保するための適切な管理を行い、不正アクセス、漏洩、滅失又は毀損の防止等、安全管理に努めます。

  • 3. 情報セキュリティ教育

    当社は、情報セキュリティの必要性及び具体的な遵守事項を全ての役職員に周知・徹底するとともに、当社の情報管理体制を維持向上させるために、全ての役職員に対し情報セキュリティに関する教育を定期的に実施いたします。

  • 4. 情報セキュリティ事件・事故への予防と対応

    当社は、情報セキュリティに関する事件・事故の発生予防に努めるとともに、万一発生した場合はその原因を迅速に究明し、再発防止策を含む適切な対策を速やかに講じます。

  • 5. 法令等の遵守

    当社は、情報セキュリティに関連する法令、規制及びその他の社会的規範を遵守します。